« February 2010 | Main

なぜそうなったのか

明治大学の志願者数が早稲田を抜いて一位になった。
という結果だけ、新幹線の電光掲示板で見て、
なんでだ!?つーか結果だけ報じて
どうすんだよと思いながらも、
ひと月近く経ってしまった。
ふと思い出して
前の部署の若者に聞いてみた。
 
1分くらいで、
 
・国際日本学部がセンター3科目導入
 センター試験受ければ、三科目の
 スコア提出のみで受けることができる。
 普通の入試のようにテスト受けなくてよく、
 しかも受験料安い
 
・国際日本学部が早稲田の国際教養学部と
 入試日がかぶっていたがずらした 
 
 この2点で約3000人増。
 隔年現象あるものの、これがでかい。
 (延べ。入試志願者は普通延べ人数で扱う。
 
って返事が返ってきた。さすが!!おたけ偉い。
 
こういう入試分析は、いわゆる大学入試広報戦略の中でも
結果がすぐでるので王道です。
予備校は、こういう戦略のコンサルを大学に対してよくやっている。
(志望校の競合具合など、データを一番持っているから)
入試広報の人と話をするとき、こういう話は大好きな人が多いので
前の部署でも毎年営業で手分けして、公開情報集めてエクセル作る
とこからやっている。
 
でも、この数字があんまりその大学の
本質を示す指標として誤解されやすい
扱いをされていると、違和感あるんだよなあ。
 
国際日本学部は早稲田の国際教養学部に
行く奴は多分奪えないわけで。
安心な滑り止めとしてのポジションをきっちり設けて、
そこを取りこぼさなかっただけで
勿論そうして収入を得ることはすごい大切だが、
それが即大学の総合的な実力と
考えないほうがいいと思うのです。
 
っていう気持ちで、ちゃんと高校生は見ているのか?
私は見てなかった。見たら、面白いのになあ。

| | TrackBack (0)

開通記念と特技

 入社当時、同じカンパニーだった
新人は10人ちょっと。
 でっかいホールの舞台の上で、
1人ずつ自己紹介させられた。

 関西採用、関西営業部配属のそいつは
全国のメンバーの前で
 こう言い放った。


 「特技は、正面を向いたまま、
目薬を刺すことです。
今やります」

 そういって、すいすいと
目薬を素早く目に当てた。


 「はい入りました」

 入っているらしかった。
目薬が涙のように溢れ、
 それをポケットから出した
ハンカチで丁寧に拭いた。

 なんか凄い気もするが・・・地味すぎやしないか・・・!?


 と誰もが思ったが、
そこそこのどよめきと拍手を受け、
彼は壇上を降りた。


 あれから8年。その特技よりも、
こちらからかけた内線であろうと、

 まず5分間しゃべり続ける人
(勿論電話の用事は彼宛てではない。
5分聞かないと替わってくれない)
 として、そのアイデンティティを
確立している。

 その特技(仮に、「中島孝太」とする)は、
 彼にとっての日常茶飯事であり、
特技っつう ほどのありがたみもなく、
一日に何度も発動する。
ドライアイだから。
 
今思えば、よくアレを
新生活のとっておきとして
放ったものだ、と思う。
 一度もオフィスで机を並べた事ない私でも、
飲み屋やスキー場やイベント時に
 会う中で、「中島孝太」は
累計100回くらい見ている。

 ・・・

 という事を、この中央道の
クライマックスあたりで今、
一生懸命思い出している。

 なぜなら右目が超痛い。乾いている。
 朝から晩まで河口湖で大量の幼児と遊んだ後なのだ。
 氷鬼までして、限界にカラカラだ。


 左手に、目薬はあるのだが、
何しろ細めの2車線、カーブの連続。

 上を向いて口をあけて
悠長に一滴たらす余裕はない。
 かといって、片目で凌いで
すぐそこの高井戸で降りるという
チキンぷりも今日はできない。

 なぜなら、新しく開通したC2→3号線を使って帰りたいから!
 なぜなら、
「これで新宿と田町が行きやすくなるよ(顔文字)」
みたいな昼間のゆるいメールに対して、
本当に行きやすくなっているのか確認せねば
 気がすまないから!


 ここで死なずに目的を達するためには、
もう、あの、正面を見たまま目薬を差すスゴ技
「中島孝太」をするしかないんだ。やるしかないんだ。

 100回見ているんだから、きっと1回くらいできる。よく思い出せ、目薬を傾けて
 目じりに添えている感じ、、、 
ゆるい直線に入った隙に、まず1回目の挑戦。


 できたーーーーーすんなりできたーーーーー


 全然難しくねー!
孝太!!全然特技でもなんでもねーよ!
 今度内線で教えてやらないとな、、、。


結局中島孝太を3回位発動して、
 普通にC1通った後、湾岸出てC2をでっかく1周してみた。

 C1の方がずっといい という結論に。

 大橋に合流するときに、1車線にするもんだから壊滅的に渋滞。
 ないわー。無いわー。
 いっそ、新宿には行くなってことだな。

| | TrackBack (0)

蒲田のみどころ

蒲田のみどころ
ブログウォッチャーしていたら
見つけた蒲田の老舗和菓子屋。
豆腐みたいに浮いてる寒天の塊を
その場で押し出してくれるらしい。


京急蒲田の方にあり、テリトリー外。
全くしらなかった。
あんみつマニアの母の為にも
これは買わねばならん。


で、買って実家。
祖母も誘って一緒に食べた。
寒天は、草の風味満点。
蜜は濃いです。
じいさん入院中につき、
全然食欲ないらしいばあさんが、
もりもり食べた。
店の案内をまじまじみて、
豆大福もあるの!?
とか言っている。
これもまた買わねばなるまい。。。


自分は結局つぶあんが無理で
寒天と濃厚黒蜜のみにて取り急ぎ満腹。


晩飯後、はまりつつある西蒲田整骨院。
漫画読みたいからわざと
日曜日に来ているという説もある。
キーチVS読みながら待つわけですが
信じられない程悲鳴が響いている。
ここ地獄でしたっけ?
全員リアクション芸人なのかなと思うほどに。
誰か蒲田に呼ぶなら、
これは観光名所として案内したい。

確かに、全員超人並の力で押してくる。

どぶろっくの右側に似ている先生がいます。

| | TrackBack (0)

日曜日の洗車

日曜日の洗車
うっとりするぜい。

今日は蒲田の実家前で実施。

向かいのアパートの
洗濯物まで映り込む艶を見て下さい。
惚れ惚れする。


近所の人達がそれなりに年取って通り過ぎ、
めぐちゃん?と声をかけられる。
まじ30ですしそう呼ばれるのは
何ですなと思いながらも
笑って挨拶できることは
こんなに素晴らしかったかと、
微妙に高齢化進む三丁目にて思う。


5時の鐘が
違うバージョンになっていて
軽くショックだけど
隣家から漂う煮物の匂いは
変わらず落ち着く。
あんまり私は好きじゃないイカの煮物。

| | TrackBack (0)

白昼夢

白昼夢
雪山で焼き肉を米にワンバウンド食い
する日がくるとは。

温かい肉と即冷めて氷に向かう米との
コラボレーション。
そして謎の面子。


うまい。うまかった。

| | TrackBack (0)

宇宙飛行士の訓練並に

宇宙飛行士の訓練並に
朝一はヨーデルが全開でかかっていた。
ヨーデル食べ放題しか知らないが、
パウダーにふんふーん という気にはなる。

昼間になって、
桜ソングなど流れ、
春なんだとまざまざと。


雪重すぎてノーズが刺さり
縦に回転しながら、
月一回位は縦に回転する日が
あるくらいがいいな、て思う。

| | TrackBack (0)

某所NR

某所NR
会社さぼって赤倉日帰り。
今季イチのコンディション!

| | TrackBack (0)

青と黄色で白


名古屋の奥のほうーで研究会。
豊田合成のおっさんの講演が、とってもよかった。
LEDの開発にずっと経営と研究現場をつなぐ立場として関わっていた人の、
生の経験談。そりゃ面白いに決まってる。

名古屋大赤碕先生との共同研究スタートが1986年。
その後発明者報酬で裁判を起こした中村さんで
有名な日亜化学が遅れて開発をスタート。
2社の特許競争が始まるわけだが、6年続いた10件近い
訴訟が結構壮絶だったようで、担当者は通常業務終了後に
対応に追われていたといっていた。
その時に自信が持てたのは、早くから大学ときっちり基礎的な特許を
押さえていたことだ、という話は大変励みになるエピソード。
最終的には和解しクロスライセンスに至るのだけど
戦争だなこりゃと思った。両社かかっているものが重すぎたんだろうなあ。
日亜の人の話も是非ぜひ聞いてみたい。何を考えていたんだろう。
勝つ見込みがあったのか?

最初の製品が販売開始するのはスタートから10年後。
研究開始から6,7年したとき、副社長から
「まだ採算が合わないのだから、もう事業をたため」
という命令が出たときの話。

「そのときも、私は、LEDが大好きだったから」

だから、一生懸命社内の説得をして存続を勝ち取った、と言っていた。
そんな窮地でその理由。
つぶしてはならない、とか頑張っている皆のためだとか、
世の中のためだとかでなく、大好きだったんだろうねえ、本当に。
きっと本心で無邪気にそう思っていたんだろうし
そう言いのけたところに凄く惹かれたし感動した。その1点だけで、
その10年の密度や組織の様子が伺い知れるような気がしたし、
わくわくが伝わってきた。

後から冷静に考えれば、その発言って、サラリーマンは気楽だなという
見方もあるかもしれない。
何故そんなに刺さったのか、自分でもいまいち整理しきれないが、
そんな風に仕事に向き合うのが理想だと思ってるのかなあ。
私の「なぜ働くか」はまだそこで解釈がとまっている。
そういう人見るのなんか好きなんだな。


最初の高輝度白色LEDは青色LEDに黄色蛍光体で作っていたけど
それだと、例えば野菜に当てたとき赤や緑がくすむ(そこの波長あまり出てない)
けど、3原色の蛍光体+紫LEDで全ての色が自然光に近い状態で見えるようになり、
照明としてのブレイクスルーを迎えた、っつう話。
イルミネーション下で赤い色がくすむか試してみないと。それでWhite Hi か
True Whiteかが分かる。らしい。
http://www.toyoda-gosei.co.jp/seihin/opto/01.html

NASAの衛星から見た地球の夜の写真を出して、
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap061001.html
この光っているところ全てが、僕らのマーケットです
全ての照明を変えれば、CO2は**%減る、需要は右肩上がりなんだ、
超都合のいい話だと思いながらも、
就活するなら、こういう前向きな話が聞きたい。


サムソンがLEDテレビを内製LEDで作り始める、やばくね?
という質問が会場から出ていたが、

「サムソンとは前から取引をしていて、
 既に豊田合成のLEDを利用した製品も多くある。
 テレビ用のLED提供の打診もあったが、それを受けるためには
 莫大な投資を行って生産体制を整えねばならない。
 1社のためにそのリスクは負えないから、自前でやんなよと伝えた。
 競うつもりはなく、共存できる」


 と言っていた。
 性能と特許に自信があれば、そういう判断になるのか。
 ライセンス出したかは聞き忘れた。

 http://www.chizai.jp/asiainformation/20090405_1_J.html
 後から調べたらやっぱ結んでた。
 その収入だけで、結構いいよねえ。

 ああ、会場以外は本当にいい講演だった。
 勿論北野先生の話も素敵でした。

| | TrackBack (0)


ああ もやしもんに出てきたやつか
200万て、バカじゃないの?

| | TrackBack (0)

« February 2010 | Main