« 見えないものが見える | Main | 2月の反省 »

義理撲滅または解放運動

 
小さい部署で、
アシスタントの皆様及び若手の気が利きすぎて
強制的に男性陣(この言葉大嫌い)にチョコを渡すという
下らない習慣が続いている。
 
全員に渡すチョコほど下らないものはない。
贔屓の人にだけ渡すから、バレンタインは楽しいのだ。
義理チョコなんてものは存在せず、かといって本命チョコだけが
バレンタインのチョコではない。
その中間の擬似恋愛チョコみたいなもんが
確かに存在するはずだ。義理より擬似チョコだ。
義理は撲滅したいが、擬似は推奨したい。
人間は必ず好き嫌いがあって、それに正直になるからこそ
死ぬまで恋愛の感覚を無くさずいられるのだ。
最近どきどきしないとかいうやつはそれをサボっているだけだ。
 
仕事でお世話になっている人に、
ふとあげたいなあという気持ちになって、
渡すのが結構好き。
普段あまり感謝の気持ちを伝えられない
自分のような人間にとっては、とてもよい機会になっている。
適当だから、毎年必ずあげる、というわけでもないんだけども。
仕事と私情の混同はいけませんが、人生の中で出会って時間を共有
していることに変わりはなく、仕事中だって対人間同士のお付き合い
なんだから、そのくらいの贔屓はいいじゃん。と思う。
 
そんな気まぐれ、もらう/もらわない方には迷惑だ、っつー話もあるが
こちらも「あげたけど全く返ってこない」「忘れて帰る」とかいう
辛いリスクもあるので、まあお互いさまです。
 
で、撲滅したい弊社の義理ですが
下らない!やめちまえ!というと
優秀で優しい彼女らの
気配りを否定するようでやめられない、もどかしい悪循環。
毎年うんざりしていたのだが
今年は気分を変えて、前向きに楽しむ策を考えた。
 
チョコレートファウンテンを呼びます!
意外とレンタルが安い。ちょっと夢がある。
みんなでそうして楽しんで、一緒に食べればいいんだよ。
これは、義理の解放だ!
今年は、フェアトレードのチョコが流行っているけど、
それも同様に、バレンタインはただのきっかけにして
フェアトレードなものにお金が流れる、って展開がいい。
 
本当はR25カフェで道端の人も巻き込んでやりたかったが
本部のOK出ず、私が大阪出張で参加できないという無念。
そんなにチョコ食べないからいいけど、見るだけみたかったなあ。。。
からあげ君とか、おにぎりとか、ソーセージとか持ち込んで、
闇チョコファウンテンしてみたかったなあ。。。。。。
 
って新幹線の中で妄想中。

|

« 見えないものが見える | Main | 2月の反省 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 義理撲滅または解放運動:

« 見えないものが見える | Main | 2月の反省 »