« November 2005 | Main | March 2006 »

月と

連日忘年ですが、本日は新代田方面。
昨日買った金粉をふりかけるわけですよ。馬刺しに。
金粉というか、金箔。初めて食った。味はない。
でもなんか、すげえ~。という気にさせられる金パワー。
高校のときのユマコの弁当じゃないんだから。

ぐだぐだ昼から飲んだ後、
夜あらまたライブへ移動。久しぶり。
しかも、石橋さんのバンドも一緒。そりゃ行くっしょ~。
今日は音楽を聴きに行くぞ、と決めてでかけるのは
いいもんですね。しかも小さめのライブハウスならよりいいね。
意外と他のバンドがすごい良かったりして。また見たい。
とは言え一番いいのは告白でした。
しかもOFF人が歌った方。せつねー。また聞きたい。

荒俣のCD買って終了。

舞台の上は3割増。
そうと分かっているからこそ、
眺めているのが楽しいですって。


星野君とみきちゃんに合流。
カラオケへ直行です。

12時前に入ったんだが、気付いたら5時。
ドンキホーテでクリスマスプレゼントを買わねばならない二人が
いたので、渋々切り上げる。渋々ですよ。まだ歌い足りなく。
最高に喉の調子の良い日だ。

で、星野・みきペアを中目で下ろしてから六本木。
それぞれブツをゲットしてから市ヶ谷で物品回収後、
お嬢様をお送りして終了。

家についたら7時すぎ。
あれ、温泉の出発って8時じゃ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

色々吹雪いているが、嫌いではない

目が覚めるとまたも金沢、最終日。
吹雪です。外が吹雪です。
大学へ行く坂道で玉突き事故多発。ゲレンデ?

定例ミーティング。
ごたごたには負けないって。


終わって金沢駅。
お土産屋ってちゃんとみたことなかったが、
金沢はいいものがいっぱいあるね。欲しくなるもの。
土地のブランドが高い気がする。
とりあえず、クリスマス馬刺しにふりかける金粉を確保。
駅から空港までバスで40分かかるのだが、吹雪で
大混雑の予感だったので二時間早めに出た。
案の定1時間半かかって空港に到着。ずっと寝てたけど。

JALは全て結構、ANAは15分遅れくらいで
ちゃんと飛んだ。

品川駅のタクシー乗り場前で、ピアノをむちゃくちゃうまく
弾いているHIPHOPな若者がいた。すごい目立ってた。

恵比寿で忘年会。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガラス張りで吹雪を見る

金沢二日目。雨ときどき吹雪。

頼ちゃんにタダ券もらったので、
SFCぽい建物が気になっていた
金沢21世紀美術館。
雪に阻まれて入りにくい。

現代美術はやっぱりよく分からないが、
きれいな静かな所でじっと見ている雰囲気が好きだ。
すごく青い壷発見。欲しい。
壁に穴が空いていて、中を深い青で塗ってあるんだけど、
どうみても黒くみえて、不思議だねーっていう展示があって、
各所に配置されている地元のパート学芸員のおっちゃんが

「穴に見えますか?」

と聞くので、見えるよと答えたら、

「100人に一人くらいですよ
。凄いねー。皆絵にしか見えないって」

褒められてるのか。


大学病院での打合せはやっぱり雷が鳴り響いた。多少落ちてた。
どうもこいつは嵐を呼ぶ男なのか?と思っていたら
もともと日本海側は冬に雷が鳴るものらしい。なんだ。。。
魚が美味しくなるから鰤おこしとか言うらしい。
雪と一緒に雷とは、なんか変な感じがするが、この辺の人に
とっては季節ものなんだね。

夜はおっさん飲み、
またもいたる、今日は柿木茶屋店。
衝撃の事実発覚。人脈は広くしとくもんだ。
えーーーーーーーー。
ちょっとうんざりですよ。全然ビジネスじゃないじゃん。
補助金の無駄。全く無駄。今すぐ潰れてしまえ。
私の潰すリストに完全に入りました。えぇ。

最近、ブラウザのお気にいりに「潰す」フォルダが出来ました。
その中に、将来偉くなったら潰したい団体・法人・制度等を入れるのが
趣味です。収支とかめちゃくちゃ見てるからな。

「酒飲みのプリン」という魅惑のメニューがある
バーへ移動して2時くらいまで。
今日も温泉に入り損ねた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和らぎ水っていうらしい

金沢。今回はどうにもアポがまとまらず2泊。
しかも豪雪。

で、先日宮嶋から、頼ちゃんは金沢にいるというのを聞いて
早速会うことにした。実際ちゃんと二人で話したことがなく、
ずっと話してみたかったんだよね。

その前に仕事。
相当いいんじゃない。今回。
国立がんセンターの研究者が勢いあって素敵です。
任せて頂けるならいくらでもやります。

で、夜集合。
いたる本店。
のど黒がやたら美味しかった。
頼ちゃんセレクションの日本酒を気付いたら二人で5合程。
水を一緒に飲むといいらしい。金沢発の慣習らしい。
一人で4合空ける彼女にしてみたら物足りなかったかも
しれんが、気付いたらフラフラ。
相当面白かった。思ったとおり、話が合います。
仕事の苦労話から、つまらなくなった男の話まで。
そこがかぶるとは思わんかった。
そして、地方のおっさんのセクハラは尋常でない。

まだまだ金沢にはいい所がたくさんあるらしい。
今後の出張の楽しみが増えた。

気付いたら12時過ぎてて、(確か19時集合だったのだが)
APAホテルご自慢の屋上露天温泉に入りそびれた。まあいいや。
明日があるし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

主旨はなんだったの

日曜は大忘年会。150人位?
新宿のクラブハイツというでかいセットみたいな
所でやった。

・茶加藤・宮嶋ペア発見!
・ハローケイスケが微妙に面白い
・催眠術は見世物じゃない
・いい大人が酒癖の悪いのはだめ
・えろいやーはやはりえろい
・楠さんがやっぱりすごい
・久美はわざわざ銀行でお金を下ろしてから、やっぱり財布を忘れる

色々と発見のある日。
歌舞伎町の居酒屋で、うめと久美と定食をがっつり食べて解散。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン始め

12月16日、日帰りかぐら。
結局神田には行かず、新品道具何も無し。
まあ、リハビリということで。

久々の中目黒~練馬。
なんか一年巡ってきた感じするねえ。
静電気のおきっぷりもいい感じ。痛い。
最近は、地面を触って放電する方式が
気に入っている。めんどくさいけど。

寒波のニュースにうきうきで行ったけど、
どうもやんでしまったらしい。
みつまた駐車場についたのが4時過ぎ、
張り切り過ぎた!

うたた寝したら、織田裕二が出てきた。
ホワイトアウトっぽい夢だったらしい。
あと、敢えてYOKOHAMAタイヤ?

そうこうしてるうち7時。
活動開始ですよ。

ゴンドラは満員電車並だが、全員ギラギラしている。
広くて白く輝く斜面をみて、外人の子供が

「めっちゃ広くてめっちゃ白い!」

と英語で叫ぶ。ああそうだね。うきうきするね。

さすがに去年あれだけ通ったので、
滑り自体は問題なさそう。
しかし、飛べない。全く飛べない。
圧雪してないゾーンに刺さる様は去年の最初に逆戻り。
あんなにノリノリで飛んでいたのが嘘のようだ。
体重は増えてないはずだが、何かの記憶が
体に染み付いてるのかなあ。。。
池之平のこそ練パークからやり直しかも。

椎間君と関君が楽しげに舞ってるのを横目で見ながら
じっと我慢の一日。

遠くの山々の新雪に何本も食い散らかされた
筋がつきはじめた頃に帰宅。結構しっかり4時まで滑った。

眠らずに車を運転し続ける能力は
衰えてなかったようで、帰りも余裕。道も空いてる。
日帰りは最高だなあ。

恒例の恵比寿飯で、本当にお腹が空いていて
チヂミを本気で星野君と取り合い。相当のスピードだったと思う。

さ、年明け頑張ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全ては週末のゲレンデのために

日曜、フットサル。
寒い。寒すぎる。
しかも転んですごい擦り傷できた。
体育館で転んだばりに服も溶けたっつーの。
2時間のつもりが3時間に延長して、
最後のゴールが決まった途端雪が降ってきた。
ドラマチックですか?


月曜、長野寒い。昼でも2度。
なんか水路が凍ってる。

廊下を歩いていたら、髪の毛みたいな
固まりがそっと落ちてて、
よく見たら炭素繊維だった。
わかりずらいかもしれないけど、
繊維学部っぽくていいじゃなーい
と私はすごく満足したのでした。


水曜、京都も寒い。風つええ。

最近転職話多いね。
それを横で聞いてんのは結構楽しい。

13デイズって映画を見る。
キューバ危機の話らしい。
意思決定がかっこいいのは、
決定したことを遂行できる力をもってるからだ。
あー頑張ろ。
最近仕事にお疲れの人にはお薦めする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

泊まってけば?

いい加減嫌になってきたので蒲田に帰る。

じいさんにまたも「孫の顔が見たい」と言われる。
「目の前にいるよ」と返しておく。

天野家は二世帯なので、まずは二階のじいさんばあさんの所、
そこから開放されて初めて下に下りることができる。
開放と言っても、全員不器用ですから、大して会話が弾みまくる
わけではない。全員でじっとテレビを見てたりするのだ。

初めて見たが、30人31脚がやってて、どうやっても泣ける作りに
なっていて、しきりにじいさんが「こんな風にしたら、泣いちゃうよ」と
吐露していた。確かにすごい。だって50メートル9秒台って、
普通に全速力で走ったって近いものがあるじゃん。遅い奴とかいるじゃん。
30人全員そのタイムでしかも足つなげてて9秒以内で走るのはすげーこと
だと思うが。きっと超練習したんだろうなあ、、、とか思うと大人の方が
感動しがちだね。

感極まってじいさんが、
「俺も昔は、脚が速くて部落別の大会に出たときなあ・・・」
おっ、新ネタ。テレビがきっかけで、新しい話が出てくることもしばしば。
足速かったんだ。。。なんか、じいさんから新ネタが出てくると嬉しい。
そういう意味で、日本人のお茶の間にはテレビって重要だなあ。と
しみじみ思いながら1時間ぐらい茶を飲み続ける。


ようやく下に戻って、家族四人でもくもくと「おやつ」を食べる。
家族で「おやつ」を食べるのは、なんか幸せの象徴の様な気がします。
だから、実家に帰るときは妙に「おやつ」を買いたくなるよね。
まあ、あんまり会話はしないんだけどもね。多少はする。


大分元気が充電されてきたころ、
ゆまこから呼び出しがかかる。丁度カラオケも行きたかった。
というわけで恵比寿へ戻る。
泊まってけば?と言われたが、そこは我慢のしどころ。


カラオケ後、ゆまこ家で結局朝5時くらいまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木曜日金沢帰り

翌日、ゆっくり起きたら朝食が殆ど残ってない。
サークルの合宿じゃないんだから。。。
一応ホテルのくせに、そういうのありか。


久々に気持ち悪くなるような
要領の得ない打合せ。あまりの気持ち悪さに
当事者でもないのに、まとめにかかって二の舞になったりした。
知らないって恐ろしいなあ。まったく分からん。

毎回、その場では言ってやろうと思うのに、後になると
「もういいや」と注意する気も失せる。
最も学歴を無駄にしてるタイプの人だ。

帰り、天気大荒れ。雷まで鳴っている。
タクシーに乗ったら、

「あざーーーっす!!!」

え、ドッキリ?と思うくらいアンタッチャブル山崎としか思えない
運転手。声も体系もそっくり。天気荒れてきましたねぇ~、という
話題を呼び水に、しゃべるわしゃべるわ。

「えー、今、海も荒れて参ります。するってえと、これ
 港の方じゃ、いい鰤がたくさん揚がってますから、
 2,3日前からそうなんで、ちょうど今頃お土産屋とかすし屋で
 食べる鰤寿司はうまいですよ~」

えぇ。。。帰るっつうのに。もっと早く出会ってればなあ。

「それからね、1月にもなりますと水蟹ってのがでてきます。
 これは脱皮したてのずわいのオスでね、透明な色してるんですよ。
 だから水蟹ね。うまいですよ~」

おおお、そういわれると美味そう。来月も是非来よう。泊まりで。

「この辺は近江町市場って言ってね、観光地化しちゃってるから
 食べ物や自体は美味くないけど、売ってるものは確かですよ。
 買い物だけして、あっちのすし屋へ言った方がうまいですよ
 まあ、こういう体型の人間が言うんだから間違いないですよ。」


うわぁ、ベタだなあ。。。ますますアンタッチャブル風だ。。。
ずーーーーっと食べものの話をし続けて、気付いたら金沢駅に着いた。
打合せの気持ち悪さもふっとんだわ。


帰りの飛行機が千葉から着陸態勢に入るころ、
ものすごく夕焼け。雲の上と下で色が全然違うのが見えた。
窓の外真ん中くらいに雲の線が横一直線にあって、
曇ってるのか霞んでるのか、雲の上は透き通ったオレンジなのに
下は煙もくもくのライブハウスのどぎつい赤照明みたいになってて
やたら綺麗だった。飛行機っていいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

金沢と観光

久々の泊まり出張。
4時台に目覚ましをセットしたのは
生まれて初めての出来事であった。

観光シーズンを抜けたのか、始発の飛行機が
ガラガラだったので、窓側に座れた。
見下ろす山にことごとく雪が積もってる。
ゲレンデらしきものも見える。
いいねー。いい感じだねー。

虚妄情報を共有して、
午後かなり早めに用事が済んだ。

ここは、行っとくべきだろうと
兼六園と金沢城公園。城はもう残ってないらしい。
6つの景観を兼ね備えているので兼六園、へー。

綺麗な庭園なのだが、手が取れそうな程寒い。
ゲレンデでグローブはずしてる時のような感覚。
結構小高い丘にあるので、景色がものすごい。
立山連峰とやらがすぐそこに見えて、こら結構な
ものですね。紅葉が緑の苔にたくさん落ちてて、
いい感じ、でも寒すぎ。

そろそろいいや、、、と思って帰ろうとしたら
ぶらぶら歩いてるおっちゃんが、つかつか寄って来て

「あんた、あれ見たらええよ」

と突然観光案内を始めた。

「これは未成年はだめだ。
 あの鳥居、あれがいいんだ。
 結婚と安産と安楽死の神様。日本最高だよ!
 紀宮様も詣でたんだから。」

ほほう。あれね。って、安楽死?
そういうのもあり?
じゃあ、参ってみますか。

「あんた、仕事か?」

「はい」

「何の仕事だ。看護婦さんか?」

観光名所で看護婦に間違えられるのは2回目だ。
恐らくおそらく、上の世代の人達は、女性の仕事と
いうとその印象が強いだけなんじゃないかという
気がしてきた。看護婦は出張しないけどね。する看護婦が
いたとしてもそれはまた別の看護婦だろうけどね。

「えー、看護婦では無いんですが、まあ、営業です」

「なんだ、金取りマンか」

そんなこと言うなよ!!!ちょっと新しい呼称だけど。

鳥居の後ろにある赤松と黒松が女性と男性で、どうこう。
三つ並ぶ石の真ん中が仲人を表しててどうこう。
右にある5段の灯篭の、一番したが墓石になってて、
これが安楽死らしい。
参っていると、

「あんたの後ろにある松が、参拝者に嫉妬するんじゃ。
 その嫉妬で、あんな姿になっとる」

振り向くと10本位の細い幹がねじれまくった屋久島風の
松が確かにこっちを見下ろしている。ちょっとぞっとする。

「ああいう風に性根捩れたら、どこへ嫁行っても戻されちゃーうよー」

なるほどー。ストーリーのある観光案内。ありがとう。 

さっさとAPAホテルに引き上げていきなり昼寝して、
仕事しながらそのへんで夕飯食べて、ドラマとFNS歌謡祭と
関西ローカルのお笑い番組をみてぐったりした後、温泉。
なんか、いい身分だなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

未来創造学部

規制緩和の皺寄せがよりまくった北陸にて。051207_184301.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヅカの人


大阪で、時速120キロで金属を飛ばす装置を見て
感動する。危ないので、丸太を置いてそれに刺さらせて
回収するらしい。誰もやってないことをやって、見事
結果を出した研究。すげー。イノベーションはここにあるねぇ~。

近鉄だか阪神だかの電車に乗ってるうち、
顔面をなぜか蚊に刺されていて
さっきの興奮が一気に冷める。

高槻夫妻と夕食です。
素敵なタカラヅカグッズ専門店に案内された。
ずっと歌が爆音で流れ続ける店内。
見たことも無い濃さのシールとクリアファイルを
大人買い。アシスタントのお姉さん方にあげたら
「これCG?」
と実写の濃さに驚愕していた。
ちょっと穴場な夜景の見えるとんかつやで、
大阪城を見下ろしながらカツ。大阪っぽい。

どうでもいいが、真の宝塚好きは役者さんを
愛称で呼ぶらしいのだが、この数週間で天海祐希を
「ゆりちゃん」(本名がゆりちゃんだから)と呼ぶ人を二人みた。
尾川家では全員そうらしいが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハラス焼き


久保田先生飲み再び。
要は、ダイエットなんか気にしてないみたい。
珍しくかづみが捉まったので、合流さす。
変な組み合わせだが、それもまた良し。
研究室の徒弟制度ってのは、何にも縛られてないだけに
性質の悪いものなんだなあ。。。と初めて知った。
どうやって改善していけばいいんかなあ。
とても勉強になります。


恵比寿のSFCOBがやってる店に
どっかのサークルのクリスマス会とかで
顔だけ出す。関西弁がいかにずるいか、という点に終始。
人によるんだけどな。

雰囲気はいい店なんだけどねー。やっぱりくさいよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肉祭り

勤労感謝の日、だが、早朝からバーベキューの買出しです。
祝日ですが、葛西臨海公園でバーベキューをするのだそうです。
寒い。急に寒い。

なんてことはない芝生の生えた広場に、
異業種交流会のごとく人が詰め込まれていて
皆BBQを食っている。なにがそんなに?
日本人はそんなに好きなの?これが?

肉を焼き続けてみたが、当然大量に余り、
2キロ以上ありそうな肉をお持ち帰り。

1日目 カルビ肉だが鍋にしてみる

2日目 同僚を呼び合い「女の一代記」を見ながら
    様々な味付けにして食べてみる

3日目 朝も夜もその残りを食べてみる

結局それでも大半余り、何故か買った覚えの無い
笹かまぼこがうちの冷蔵庫でくたばっている。
なんか行き場のないやるせなさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | March 2006 »