« October 2005 | Main | December 2005 »

福岡にて

土曜日は一日爆睡。
この季節、日が暮れるまで目が覚めない。

日曜の午後から福岡。
行きの飛行機は窓際、雲の上に出ると、飛び降りたいとうっかり思う。

月曜の出張を口実に、日曜夜なぜか福岡で
サザンのライブを見る。
いわゆる、地方ネタをMCで言うのを初めて聞いた。
桑田圭介が

「筑紫台高校出身でーす!ちっこう最高!」

どっかで聞いたことある学校の名前だなー。


その後ややうんざりしながら長蛇の列の
長浜ラーメン屋に並び、餃子ラーメンおでん。
屋台があまりに寒かったのでゆっくり飲みたかったのだが
そうもいかないらしく中洲の店に移って30分位で
急かされて帰る。

めちゃくちゃ寝坊する夢を見て、実際の起きるべき時間の
2時間前にまた起きた。
楽だなー。前日入り。


天神えーきの改札ぐーちで♪
てスピッツの歌がぐるぐる回りながら天神駅の漫画喫茶で
じっと論文を読む。危うく漫画に手が出そうなもんだが、
あんまりそういう気分でもない。

ど昼間の博多駅で、クラブでもキャバクラでもなく、
デリヘルのスカウトに遭う。しかも派遣契約の。
色々な年の瀬であるなあ。


なんか福岡っぽいもの無いかなあと
探していたら、博多地下街にピエトロ発見。チェーン店なの?
しかも味普通だ。ニセモノ?


ちょっと遠くのプラスチックやさんとあれこれ行間の話をした
後再び博多へ。
先輩が一杯行こうと行ったらそれは断れないのであって
別に今日の仕事の後のビールはうまくないなあ。。。
生ビールが半額だという理由で2杯飲む。一杯飲んだ時点で
おっちゃん口調がおぼつかない。


ぎりぎりまで飲んでいたのでまたもお土産ゲットの時間がない。

帰り、両サイドデブに囲まれ不快この上ない。
寒い季節のデブはそれはそれで暖房に温められて臭いのだ。
新聞広げて読んだりトイレに立たれたり。あぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おとなのOFF

明るいところより、暗いところが好きだ。
朝より断然夜が好きだ。
良く見えるよりはあんまり良く見えない感じのほうが好きなんだ。

そういうわけで、前から多大な興味があった
ダイアログインザダーク
に金曜日行ってきた。2ヶ月前から予約して、待ちに待っていたわけです!

自分の手も見えない真っ暗な空間に入るということと、
そこにグループで入って、全盲の人に案内してもらうこと。
このイベントの大きな意義を担う二つのポイントがあるのだが、
もう前半の真っ暗に入るというほうに目が行ってしょうがなかった。
暗闇エロいなー。ぐらいに思っていた自分が馬鹿だった!


もともと目の見えないカーネル(本名はさいとうさん)を
リーダーに、7人くらいのグループでずらずら入っていくのだが、
うっかりはぐれそうになったときの心細さとか、
自然の地形の歩きやすさと心地よさ、都会の構造物の不安さ、
水の手触りの楽しさとか、ブランコの風の気持ちよさとか
バーで注がれたワインの量も赤か白かもわからんとか、
カーネルがすげー頼れるとか、いつの間にかチームワーク
生まれる、とか。濃い時間だった。

最後に光のある場所に出てきたときの
カーネルのちょっと切なげな感じが大層印象的。
同じ境遇にいるからこそ、お互いに気兼ねなく接してた
事になんか気付いてしまったよ。

常設を目指しているらしいけど、バーだけでも是非常設して欲しい。
もう一回ゆっくりカーネルと酒飲んで話してみたいのだよ。
なんか自分が情けなくなってきた。

そんなこんなでエロいことを考える間もなく(第一どれがどれだか分からん)
健常者、とかいう広い意味でなく、今の自分と障害者の人が
接する機会について痛く考えさせられたわけで、本来このイベント自体は
それを主旨にしてるわけじゃなく、その姿勢は正しいなあと思った。
喧々諤々議論も楽しい若い学生同士ならまだしも、
大人のデートには不向きであるので注意されたい。


変なテンションのままヒルズでショウロンポウ屋。
TSUTAYAに行ったら、大人気の「働くおっさん人形」が
置いてない!なんてこった。早く、早く入荷して!
そして、こういう勢いじゃなきゃ見ないであろう
「ALWAYS 三丁目の夕日」。
もう少し時間は稼ぎたいが、移動も面倒だ、今の時間
やっているのはディープスロートってエロ映画か
ブラザーズグリムとこれだけ、ってことでコレ。

CGだと想像したくはないが、とにかく昭和博物館の
展示物みたいな趣で、説明的なカットやエピソード多し。
そんな時代、知らないがものすごい郷愁!
とどめに必殺「親子愛」!そりゃ泣くけどさーー。
・・・ものすごい蒲田に帰りたくなった。
将来家族になりたい同士の若い二人ならまだしも、
家族はそれぞれ別にいる大人のデートには不向きなので注意されたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うなぎの似合う男

11月15日

 朝一、とある半導体技術についての
 打合せ。外部のコンサルタントと。
 
 「弁当の手配」を仰せつかったので、最近知った
 Yahoo!グルメの中の配達サービスリストでうきうき探す。
 住所を入れると、配達可能な店のリストとメニューと
 今の待ち時間が見れる。便利じゃないか。
 と、思ったらぐるなびとかでもやってるのね。
  
 http://www.aguratei.co.jp/aguratei/guide.html

 なんとなくココで決まり。「温つ温つをお届け!」って、
 何て読むのかは不明。おんつおんつ?
 初心者はうなぎにせよ、との店の指示に従いうなぎ6人前!


 さて半導体コンサルタントとやらが登場。
 私のイメージするパワポ作りとリサーチを限界ギリギリまで
 やるあのコンサルではなさそうだ、とは思っていたものの。 

 セカンドバックとか持つ方のコンサルだ。
 よく保険金殺人とかの容疑者とかで登場しがちな
 コンサルタントっていう人たちだった。
 当然手にはセカンドバックと紙袋だ。腹はベルトの上に乗っている。

 引退後、悠々自適、人間関係でやっています、って感じ。
 縮小露光装置とは、みたいなとこから教えてもらって非常に
 勉強になりましたが。武勇伝を話し始めると止まらない。

 「俺らは、0から1を作った世代だからなー。全部知ってるよ。
 下の奴らは、可哀想だね。600以上ある半導体プロセスの、ほんの
 一部に特化して、専門バカだよありゃー。」
 だそうです。確かにそうなんでしょうね。
 プロジェクトX世代ですか。

 突然電話をかけて(多分メーカーのすげえ偉い人で元部下とか)

 「おーう ○○ちゃーん あれちょっと教えて欲しいんだけど、、、」

 偉そすぎ!頼んどいたうなぎの弁当(特上)が似合う似合う。

 
 午後は新会社法勉強会。
 なんか、会社法って来年の4月から変わるらしい。
 ベンチャーやらなんやらに関わることも多いので、という事で 
 お世話になっているVCのボスの取り計らいで我々も参加。

 弱気な会計士の解説で、最初の一時間はほぼ気絶。
 
 要は、株の発行時に買収を防ぐための策が多少打てるようになったとか、
 有限会社はなくなるとか、肩書きだけの役員を置かなくてもいいとか。
 徐々にアメリカ式になっているらしい。
  
 後半俗っぽい話に移行、「税と会計は全く違うんです」らしい。
 ずっと税の話に。愛人に株を渡すときは、、、とか。
 会計上はこうだけど税法ではそこはザルで、、、とか。
 
 うーん、必要になったら、資料読み返そう。という感じ。
 もう、無理無理。法律めんどくさい。


 なにやら胃のもたれる話の多い一日だ。
 実際、うなぎは大ボリュームで、19時まで全く腹が減らなかった。
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラッシュです

先週に引き続き今週も結婚式。
そういう時期ですなー。

2つとも、なんかいい式だった。
いい意味ベタだった。。
新婦の手紙とか、感動的だな。
何より、2件とも新郎がすげー頑張って新婦に
サプライズを準備しているところが素敵だ。いい。

おっちゃんのスピーチで、

「私は、こういう場で話す前に、必ずうちの奴に
 『幸せか?』と確認することにしています。今朝も、してきました」

今朝もかい。おっちゃんは、定期的に確認することをオススメしているらしい。

式の神父が、思い切り外人で
「アメリカカラキタ、ダニエルデース」
声がペリーにそっくりでめちゃくちゃ面白かった。


苦手な人というのがたまにはいるもので、
そういう人に会うのもまた結婚式にはつきもので。
まあ、もう苦手っつーか合わないっつーか、ねえ。
別に意地悪したわけじゃねえんだが、本当に気付かなくて
受付でゲームのなんか渡し忘れちゃった。。多分先方も避けたんだろ?


マッスィーの結婚式のために、久々にKagers98で
集まって色々話をした。
テレビに出てるひともいればNPO代表、メジャーリーグで活躍する日本人の
マネージャーを何故かやってる奴、社長(既に兵を語れる敗軍の将)、
ロースクール在学、妻子持ちテレビマン、sex and the cityの主役を地で行く奴、
色々だ。ゆういちとこんなに長時間話したのなんて、実際初だ。
なかなかいいもんだ、と改めて思いました。ええ。


「俺も結婚するかも」
えー。あなたもですか。。。
どさくさに紛れて報告を受けたり。
残念だ、とも、よかったね、とも言うまい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »