« August 2005 | Main | October 2005 »

カート始めました

やっぱり秋は、オープンカーにいい季節ですね。
あちこちにお出かけしたくなります。
その点、平塚はちょうどいい距離なんです。
ある意味、カートもオープンですし。

知ってる人は知っている、平塚のF1ドリームってえ
カート場で、50ccのやつに乗るんです。
3週ほど連続で通ってしまっています。
22時までやっているのがいいところ。
おもわずカップル会員になってしまいました。


車によって、ハンドルの感じもタイヤのすべりっぷりも
全く違うのでかなり戸惑う。ズルズルですよ。
ちょっとブレーキ踏もうものならすぐスピンですよ。

最初はかの白金トンネル大破を思い出し、ひーひー言いながら
走ってましたが、そのうちどんなに突っ込んでも
死にはしないな、というのが体で分かってくると、
結構いける。毎回タイムも縮んでくる。
左足と右足別々に使うのにもっと慣れれば、
速くなれるのでは。。。
コソ練を積んで、32秒台とかになれると、かっこいいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

サーフィン始めました

もらったやつで。しかもショート。

かれこれ4,5回ほど白浜でチャレンジしているのだが、
全く乗れる気がしない。波に乗るのに一苦労。
これでさらに立てるのか?
しかも、全身を何か海老の小さい奴に刺されて
変な病気みたいになってしまっている。
そろそろウエットスーツも購入すべきだろうか?

とか思っている間に夏が終了、秋になっても続ける
根性が私にはあるでしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

西郷さんも

西郷さんもでかい!050821_141501.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駄菓子屋の

さくらダイコンて、、と思ったらやはりあった。本場はでかい!050821_123001.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最終日

晴れて桜島が見えた。
これはすごい景色だ。050821_140501.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

薩摩藩の教え

いい。右に日露戦争マニアには気になる人の名がちょっと見切れています。050820_131301.JPG

| | Comments (2) | TrackBack (0)

西郷人気


雨ですが、歴史マニアにはそんなこと
関係がありません。

集古館。
島津斉彬がつくったやつが、概観そのままで
博物館になっている。
とにかく金をつくるため、名産品を色々と作ったり。
その焼き物白じゃ地味だから、もっと色付けようぜ、
とか言って派手にしちゃったり、切子ガラスつくったけど
薩英戦争で工場壊されて職人も絶えすっかり江戸の名物っぽく
なっちゃったり、琉球のお金作るっていう明目で借金返す
偽金作り続けたり密輸入に手をだしたり、やることが
めちゃくちゃであることは、とても面白いことだ。

となりにある薩摩切り子ガラス工房は、
ちょっといい。やることなくなったら、
弟子入りしたい。

なんとか炉も見た。


西郷さんの墓。と記念館みたいなもの。
示現流の木刀の太さとでかさが凄かった。
本物が置いてあって、後ろにものっすごい
勢いで的に向かってダッシュしている示現流師範
みたいなのの写真が笑える。あんなに飛び込んで
きたら、そりゃ嫌だな。

微妙な人形ジオラマで西郷さんの一生と幕末を
振り返っている展示が延々と続く。多分4時間くらいいた。
月夜に船の上から坊さんと入水自殺する西郷どんの図が
ベスト展示。一回自殺未遂しちゃってんのか。知らなかった。
後は眠さに負けて隅のベンチで寝てました。


誰かの生家跡をいくつか見て、NHK大河ドラマ時に
色々なお金で作られたに違いないふるさと偉人館みたいな所で
ロボ西郷、大久保、坂本竜馬、勝海舟の小芝居見学。
動く度に機械音。
あっちこっちに映像モノの資料、音声があった。
金かかってんなー。


夜はこれまた東さんご紹介黒ブタしゃぶしゃぶ。満腹。

歴史が面白いだけに今の街の寂しさが浮き彫りです。
一番高い建物はドコモのアンテナでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山坂道でもそれなりにistは走る

晴れた。熊本方面へ移動。

車で山道を走り続け、結局阿蘇山がどれか
わからないままに阿蘇山を越えた。

なんとか水源。
水が湧き出ていて、川の水が直飲める。
こういうの、いいねえ。がぶ飲み。
ペットボトルにも確保。

山をぐるぐる走っていると、箱根と大差ないように
思えるが、山合いが深すぎず、結構隣の山と距離が
あるので見晴らしはいい。全部同じくらいの高さの山が
連なっていて、木かと思うと牛がたたずんでいたりする。

大観望っつうところで、景色をみる。
日本の田舎はどこも景色は同じだ。
スノボ来たみたいな景色。雪はないが。
けなしているわけではなく、好きなんですけどね。


熊本城。

天守閣からもろアメリカ人が5人くらい乗り出して
下から友人が写真を撮っている。イェーとかフ~とか言ってた。
メガネとカメラの日本人観光客も滑稽なのだろうが、
あれもかっこわりいよ。

韓国人の家族連れもウキウキと写真撮っていた。
秀吉はダメだけど清正はオッケーらしい。

熊本城下町じゃキティもとがった兜をかぶってる。
城の中に複製だかなんだががあったが、
城入り口の銅像は明らかにとんがり過ぎだ。

武者返しの斜度に大興奮、建築中の方の城にも
興味深々。展示をみるのに2時間はかかった。
「あ~ これは登れないよ~ げんなりしちゃうよね~」
って隠密でもない川邊さんが嬉しそうに言う神経が
最近はちょっと分かる。


イトリンの命を受けてどんな顔かも良く分からない
ケンイチさんの長崎書店を住所を頼りに表敬訪問。
でかい!立ち読みされ過ぎ!
街のほっとすてーしょんだった。
粗品にカレンダーもらった。
知らない人を突然訪ねるのは楽しい。

「あなた、ケンイチさんですね?私、イトリンからの使者ですが」

という一言を切り出す緊張感と、むこうの驚いた顔が
なんともしてやったり感だ。

熊本城下町は都会だった。オシャレ店と
美男美女が多く、普通にまた遊びに来たいと思った。
古民家を改造した居酒屋で散々食って一人2000円とか。


で、一路鹿児島へ。
超雨。
フラフラでたどり着いたのは、
さっきの熊本から一変、パチンコ屋さんに蝕まれた
ザ場末地方都市の寂しい雨の街でした。
灰色。全て灰色。あとはケバケバしいパチンコ屋。
24時間モスとか、もう見るだけで油の匂い充満してそな感じ。

部屋は東さんのご紹介だけあって
やたらと広い。
桜島が見えるはずだが、雨ですから
街角のヤクザの動きがちょろっと見える程度。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ムツゴロウに気を付けて下さい

翌日、福岡ドームの中を見学。
売店とか、まとも。キレイだった。

室内にジャングルがあるところで昼を食べる。


修学旅行で行った柳川下りをしたかったのだが、
時間がなくて北原白秋記念館のみ。

時間はないが有明海を見てみたかったので
立ち寄ってみた。
高ーい防波堤(波なんか来ねえんだろ干潟)を
よじ登って、瓦礫の山を越えると一面干潟。
端っこが丸く見える程広い。

噂のムツゴロウは、、、と目を凝らすと、
干潟の模様かと思ってたのが全部奴ら。
こ、こんなにいっぱいいるもんなのか?
ちょっと増えすぎじゃないですか?
っていうか、昆虫?中洲の人ごみよりいっぱいいるよ!
しかもよく見るとどつき漫才的な動きをしているよ!
なんかちょっと腹立たしいよ!

ミニオットセイだよ~とか言って縁日で売ったら
馬鹿売れしそう。完全に陸で生きてる風に見える。
川辺川ダム問題で、住民がムツゴロウを守って!
とか言ってたから、もっとおっとりのんびりひっそり
している奴らかと思ったのに、超アクティブ派だった。
すごいなあ、有明海。


黒川温泉へ移動。
要は、箱根?ちと違うのは、結構な数の混浴露天が
あるところか。で、そういう宿は全部満室。
変態の匂いがしますね。世の中刺激が足りない人が
多いのですね。ちゃんと子供の時遊んでねえから
友達も遊び方も分からなくなっちゃうんだっつーの。


「あれ?肘の骨が変形してますよ?」
とマッサージ師、いわゆる按摩な方に言われてしもうた。
やっぱりそう思いますか。私も薄々そう思ってました。
そのうち骨切技術で直せるようになるってさ。


露天風呂でシガテラ最終巻を読み続けて、
超あったまった。長風呂にはマンガだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと名刺入れの中身見せろよ

福岡着。
空港近いのは確かにいいな。

レンタカーはist。文句は言うまい。
これで鹿児島まで行くのだ。
クマゼミ発見。九州限定だ!図鑑でしか
見たことなかったのでちょっと嬉しい。
でかいなー。


蟻月よりうまいと噂のもつ廣。
そもそももつ鍋に興味が無いですが
しみじみうまかった。もつっていうか、
普通に肉の味がした。コレなら食える。
恵比寿にも新店舗ができたのだが
値段が全然高いらしい。
別に高級料理じゃない味だと
思いますが、見栄を張りたいときに
使いたいと思います。


中洲の屋台街を見て、
ホークス系の居酒屋で黒霧島。
どっか市場の方にある屋台街まで
行ってナンバーワンっていうとこの
ラーメン食った。
 
みきおくんと関君にも色々教えてもらった
のだが、結局まわれず。
食ってばっかりだったなあ。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »