« July 2005 | Main | September 2005 »

夏の日

8月17日

 飯田が出産前で入院してるらしいので、
 ゆかちゃんとかわうえと見に行く。
 蒲田で待ち合わせ。最近車なので、カマックじゃない。
 かわうえと髪型かぶってる。
 泳がなければ茶髪にはならないんだな。
 どまずの1000円の冷やし中華を食ってから病院へ。
 全く場所が分からず、1時間くらいだらだらする。

 荏原病院。どうも●●さんが最近までいたらしい、とか
 地元はすぐにばれるね。そういうの。

 部屋番号を聞いて、カーテンを開けたら、
 ゆかちゃんが「えええっ?!」と声をあげた。
 なになに、どうした?大変な感じなのか?と
 覗き込んだら、

 あ、産まれてる。横に小さいのがいる。
 
 なんだよー。産まれてんのかよー。先に言ってよー。
 聞けばもう一週間くらい前に産んでしまったらしい。
 男。どう転んでも水陸両用、運動神経抜群なんだろなあ。

 赤ちゃんを盗まれたりしないように、
 いなくなったり、すりかえられるとセンサーがなるように
 最近のベビーベットは進化しているらしい。
 
 写真を撮るだけとり、生々しい話を聞き、一頻り
 怯えてから(どうして出産の話はあんなにも恐ろしいのだ)、
 最近どうよの話をして、うーん。
 天職だと思うけど、それでも向いてないかもって悩む人が
 多いのは何故なんだ。教員てやつ。
 問題だ、教育。さっさとこういう奴が働きやすくしてあげたい。


 まあ、まずは子育て頑張って、という感じで
 病院を出た。

 暑いので、病院前の駄菓子やでアイスを買って
 駐車場で座り込んで食べる。
 こんな感じで、よく皆でプールに行ってたのに
 その面子で誰かが子を産んでそれを見舞っている。
 なんとなく、小学生当時の延長線上に皆いる感じはする。
 「いや~、信じられな~い。」
 とかは別に思わない。
 知らない事とやったことない事が減っただけで、
 当時想像してたような大人に大体なっている気がする。
 
 かわうえを家まで送って、
 一旦家に戻って、羽田空港。
 これから福岡行きます。  
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

大田区平和祈念事業

8月15日は、毎年蒲田・川崎界隈の多摩川っぺりで
花火大会がある。それなりに人手はあるが、
基本地元民だけなので、土手はまだまだ余裕。
何の準備もなく、何の苦労もなく見れる実に素敵な
花火大会だ。
大田区報と、大田区ホームページくらいでしか
告知してないのが素晴らしい。


腕が折れてるのを内緒にしてたので、2月あたりから
蒲田に行ってなかったので久しぶり。
じいさんばあさんは元気が増していたが、
またも旦那の名前を間違えている。


世の中皆夏休みな気がしていたが、
父母共に仕事だった。弟は姿すら見えねえ。
今年の私は随分のんびりしてるのだなあ。

花火にはまだまだ時間があり、
雲が厚くて雨が微妙に降りそうなので
土手まで散歩兼偵察に行く。
子供が多いなー。すでにウキウキと
場所取りしている人達もいる。宴会が始まってるところもある。
男女グループが待ち合わせをしつつある。
浴衣で駅まで彼氏を向かえに行く途中のはせまさ発見。

「駅までどうしようもないものを迎えに行く」

という発言が興味深い。この地域は全員口が悪いと
いうことを改めて感じる一言だ。

川邊さんもやってきたので、コンビニで色々買い込んで
ぺたぺたと土手方面へ。花火へ向かう人の足音は大抵ズルズルしている。
むちゃくちゃ暑い。うちわがないと生きていけない。
うちわなど当然売り切れているので、ぺらぺらの雑誌で対応。
そうこうしてる間に花火の音がし始める。テンションも上がる。

結構な人手。有事の際には、こんな感じで皆避難するんだろなあ。
適当な斜面に座り込んで花火見物。
後ろからサウナで聞いたことあるような韓流日本語が聞こえる。

「アレ、キレイネ コレ イマイチネ オカネ ケチッテル」

なんとも国際的な感じに。

花火にも流行がありますが、色、形、ときて今年は光がポイントの
ようです。めちゃめちゃ光る。光量がものすごい。キラキラです。
あと、ロケット花火が大量に詰まったような、上がってからランダムに
動くやつも最近多いな。

一時間あっという間に終了、皆ぞろぞろと帰りだす。
中国並にチャリだらけだ。近場の花火は本当に混まなくていい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

でかいのと小さいの

親子微笑ましい。手前の回転してるのが問題のアレです。結構ふらふら。倒れる二秒前。050807_133701.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (0)

海ですから2

8月7日

恒例かなしかバーベキュー。

何のためにやってるのか、って考え続ける事を
忘れちゃいかんのだ、と改めて思う。仕事である限りは。
仕事なのか遊びなのか微妙なところはどうすんだ?
それは場合によって判断するしかない気がするが、
最近ずっと遊んでいるので強く思う。
こりゃ仕事だ。。。


家に帰って10分で車乗り換えて白浜へゴー。
今回は関家神代家家族総動員。子が育ってる。

朝、腹にサッカーボールが落ちてきた気がするが、
意外とそれですっきり爽やかに目が覚めた。
眠気は腹筋に宿るらしい。

近くの海水浴場。暑い。
本気で怪我するほど砂が熱い。不機嫌になる熱さだった。
でも念願のスイカ割り。目隠ししてバットで回転すると、
あんなに目が回るとは。衰えているのだろうか。
5回回って、立ってられない。

サーフィン初挑戦。
こんなにバランス悪いものですか。
腹ばいになってるだけでも、グラグラするんですが。

波が高いので、浮き輪でも生身でも充分波に乗れる。
みきちゃんと二人で繋がったラブラブ浮き輪で
遊泳禁止区域を漂っていたら、赤フン赤帽の人(ライフセーバーの人)が
わざわざ波をかきわけすぐそこまで注意しにきた。

「ここは遊泳禁止ですから・・・ああぁ~」

注意しているそばから浮き輪がビッグウエーブに乗り、
その人を巻き込んでひいてしまった。二回ほど。
轢かれながらも、まんざらでもない顔のライフセーバーにちょっと
腹がたった。よけろや。

波多江君の焼け方がハンパねえ。あんなキレイな直線と角、初めてみた。

遅めの昼食べてプールで泳いで風呂入って全員昼寝。
大人子供が10人くらい思い思いの場所で昼寝していると、
集団ガス中毒みたいで不気味だ。
結局、事件現場が暗くなるまでぼーっとしていた。
気付いたらすぐそこが青くて見えにくくなっているたそがれ感が
落ち着くったら。

寿司食べてサッカーみて終了。
楽しかった。無心で良く遊んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わくわく

今年もわくわくライブ。

が、今年は仕事がない。
本業はもはや別にあるのに、さぼって
ビックサイトにいることにものすごく違和感。
ちゃんとオリエンも受けてない自分がスタッフTシャツを
着るわけには行かない!!悩ましい。

朝比奈さんに呼び出され続けていたので、
裏でまったりして、ちょっとご挨拶して終了。

寂しかったなあ。。。

結局門前仲町で2時過ぎまで飲む
よく分からない流れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海ですから

8月1日2日

ケージャーズで葉山。

葉山マリーナの向かいに、葉山マリーナと同じぐらい
でかい別荘が。山も?後ろの山も?しげさん家のもの?
怪しい怪しいと思っていたが、まさかここまでだったとは。。

海でわいわい。わいわいしすぎてあっというまに
ビーサンがちぎれ壊れた。
賢い犬が飼い主と海で遊んでいる。ちゃんと飼い主のとこに
ボール拾って戻ってくるのな。縄を解かれた瞬間に全力で
逃げるという選択肢があいつらにはないのか。

ダラダラバーベキューを食べ続け、夜は微妙にロイホへ遠征。
遠征しすぎて小坪トンネル経由鎌倉あたりまで行って
団体行動を乱しすぎて怒られる。

浜辺で花火しながら合唱してたら、警察に通報された。
この年になってまで住所と名前を控えられた。
警察になりたいと思ったことはあったが、こういう接触のしかたは
全然したくない。

夜中は激しく広いリビング(化石とか置いてある。勿論暖炉もある)
で黒霧島飲み続け。朝まで飲んだのは久しぶりだ。

上原さんが実は見える人だと知って驚愕。

近所の魚屋でうまい魚を食べて、佐島マリーナへ。

ボートで相模湾。ボートから飛び込むってのは
とても気持ちいい。全員加山雄三の気持ちに。
とりあえず、船舶免許をとりたくなった。

スイカをひぐらしの鳴く庭で食べて、大満足。

帰り、初めてせたが屋のラーメンを食べた。
なんか違う食べ物だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学問としての占いですから

7月末

金曜、恵比寿で沖縄人の占い師と
ワシエモン社長と小野さんと飲み。
沖縄弁で面と向かって悪口を言う業を
教わったのと、名前を使い分けるのは、運気が
分かれるから隙を見て戸籍ぬいちまえ、とのアドバイス。

名前と生年月日を伝えているだけで、大体
私のことは分かってしまうらしい。
ずっと私が使っている携帯番号は、とてもいい吉数らしい。
確かにイタズラメールとかも全然来ないよ。

飲み相手として話すと面白いなー。
後半はずっとジャンプ漫画の話してた。
とにかく北斗の拳は今見るべきらしい。
子供には分からない、大人の事情が満載らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »