« June 2004 | Main | September 2004 »

帰るのめんどくさい

大阪最終日。
チェックアウトギリギリまで寝てた。
やっぱ寝心地いい。

水野福田と高い所でだらっとして終了。
楽しかった。

とりあえず次回は六甲おろしで。すげえ楽しみ。

21世紀弁当食いながらのぞみで帰る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

兎我野町~新地の夜

打ち上げの場所の店が書いてある地図を受け取り、
ホテルの広ーい部屋でちょっと休んで、
うっとおしいスーツを着替えて出発。

タクシーに乗ってから、「あ、地図忘れた」
まあ大丈夫だろ、と思って水野君に電話して、目印を教わる。

やんちゃな子猫っていうラブホが目印や」

そこで携帯は切れた。
おい・・・意地悪か?
遠い異国の地で、交番を訪ね、若い男の警官に
「え~、やんちゃな子猫というラブホテルはどこですか?」
と聞いている自分。

ちゃんと店にたどり着きました。

1次会がわいわいと終了、2次会に移る最中に、再び水野君から電話。
「うーん、新人のジュンイチが、店探しに行って、行方不明なんや、もどってきてくれへん?」
おーい。
そこから実に、酔っ払いの新人捜索に4人で3時間さがしっぱ。夜のラブホテル街ですよ。
そりゃお姉さんいくらとか聞かれますよ。あからさまに女子高生くらいの娘が
叶姉妹みたいな服来てお仕事してますよ。あー。

途方に暮れて、パトロール中の警察の人に声をかけ、事情を話すと

「あぁ、あなたはさっきの・・・」

やんちゃな子猫の在処を教えてくれた若い警官じゃないですか。
全くときめきませんよこんな偶然には!何故なら俺はさっさとあっちの若いチームの
カラオケに合流したいからですよ!!貴官には興味無しですよ!

結局見つからず、事の顛末を報告しに新地へ。
ご年配チームのカラオケ(ていうかスナック?)へ合流。こっちかよ。

解散後、徒歩でヒルトンへ戻る。
微妙に地理が分かってきたぞ。。凄い大人になった気分だ。
そもそも一人でホテルに自腹で泊まるとか、一人で大阪に来てる時点でもう、初ですから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

大阪の広告

さて大阪にて仕事。
移動中、とにかく関西独特の広告に目が行く。

チカン
アカン

ICOCA(イコカ)で行こか

くっさない、マイルドセブン

ICOCAって、早い話関東のSUICAなんだけど
確かに関西人の人が「スイカ」っていうより、「イコカ~」って行った方が
語感がしっくりくるっつうかなんつうか。関東人は決して「イコカ」と言ってもしっくりこない。
なんか凄いなあと。
だって「くっさない」って活字でみると、すげえよ。

仕事は、来た甲斐あったっつうことで。

打ち上げに出る前に、
「土曜まで帰らない!」と言った手前、もう一泊宿を取らねばならん。
どうせ自腹なら、と奮発してヒルトンへ。

「DXなんとかルームと
 スーパーエグゼクティブスイートがございます」

うぅ その2択しかないの? や、安いほうでお願いします。

という訳で、2万ちょっと取られてDXなんとかルームへ。
両手足を広げても、ベットの両端に届きませんでした。
そして、長い大阪の夜へ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

天丼

暑い日にわざわざ熊谷。
駅前で、「うちわ祭り」と称して人が集まり狂っていた。
余計暑い。

帰り、車窓から見えた看板に

「5日、10日、雨の日は シューシュー ○○○○き」

○○○の部分が、明らかにガムテかなんかで消してある。
そして、シューシューの部分に電線があって、濁点がついているのかどうか
よくわからない。もしかしたらジュージューとかジューシューとかか。
それにしても、5、10日と雨の日に何だってんだ。あらびき?しらたき?さびき?
5わりびき、とかか?で、何がわりびき?


最終の新幹線で大阪出張。

先々週、飲みながら話していた前日入りを
忠実に守ったのに、結局私一人かよ。どういうこった。
がっかりだよがっかり!

こうなったら出張の夢、マッサージですよ。
でも明日があるから30分でお願いします。

「まいど~。お客さん、折角もむなら50分いかがですか~」

松本人志の母みてえなおばちゃんが首をかしげておねだりですよ。

「ああ。結構です。」

結構しっかり断ったはずなのに、そのおばちゃんはテープが巻き戻ったように
全く同じ表情、同じ調子、同じ視線、同じ首の動きで

「50分いかがですか~」

!!!!こ、これが天丼?!というのと、
上司(関西人)が日々言う「すっとぼけて同じセリフ言うんや」というアドバイスが
フラッシュバックして、何か妙に、衝撃を受けてしまった。関西っ。
馬鹿馬鹿しくなってしまい、あっさり折れて50分間、
NHKのその時歴史が動いた~池田屋事件の真相 とかそんなのみながら
もまれてしまいました。うまかった。
なんか、コミュニケーションエリート民族・関西人の戦闘能力の高さに打ちひしがれて、
負けじとおばちゃんの技術を褒めたりして会話を図ったが、空しいので途中でやめた。

あー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

油絵では表現できないってやつ

今日の夜は雲が低かったらしく、
東京タワーの上の空が
赤と白の二色に光っていた。
すごく不自然だ。でもいい感じ。

日本は水蒸気のせいで美しいってのは
こういうことだ!と妙に納得した。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

同窓

7月3日(土)は中学校の同窓会だった。
蒲田ですよ蒲田。
待ち合わせは当然、大田区役所前。

そこは蒲田タイムなので、30分遅れで到着、
とりあえずゆかちゃんに電話してみると、ふつーに働いている。
え、今日来れないの?
ぐのに電話すると、やはり仕事している。「いけたら行く」て、
うわー、ぜってえこねえ、そのセリフ。

妙に楽しみだったので、うっかりどれだけ人が来るのか
下調べをしていなかった。すっごい不安。
あべしがいるのは確かだが、それ以外不明。
つまんなかったら、どうしよう。
猛烈な不安に襲われるものの、あきらめて入店です。

ふわー。ヘンな感じ。
ほぼ全員顔と名前はわかるけど、
「あぁ~。そうなるのか~。」と。
ドラゴンボールで悟空がいきなりでかくなったときの
違和感が50人分あるわけですよ。

まとめとして、女子はかなりかわいいね、お年頃ですし。
男は、少なくとも私の趣味は大したものではなかった、という事が
確認できた。実らなくて&長続きしなくてよかった、我が恋。
だってアレ、どうみてもシルベスタスタローンだろ~。
そんな濃いのは好きじゃないんじゃ!!!
そしてソレは、なすびにしか見えない。
昔はかわいい顔してたのに、伸びちゃったんだねー。。

かわうえはやっぱり携帯をまた折っていたようで、
ようやく連絡先を確保。
また折るんだろうな。身代わり地蔵のように。

いや、人に歴史ありというか、皆
中学の時とは違う人格とか扱いで生きてるんだろうなあと
しみじみ思ってしまった。
逆に、今会っている人たちも、昔はどうだったのかなんて
想像つかないくらい違うんだろうな。。。と思う。
明らかに変わってなさそうな人もいるけど。

で、やっぱり皆結婚が早い。
子供いるやつも結構おる。生まれそうだから来れないってなパパもいて
気持ち悪い。

そして来た!漁師発見。
何故か青森で漁師をやってしまっている。しじみ?ですか。

結局、50人以上来て、めちゃくちゃ面白かった。

るいちゃんを呼び出して、バイクで家まで送ってもらう。
実はバイクに乗せてもらうの、生まれて初めて。
これは凄いね。そりゃ死ぬわ。

さらに夜中、途中電話で呼び出したが他の飲み会に行っていた
はせまさから電話があり、
「誰にも聞いてなかった まじブルー」
と酔っ払って叫ばれた。うーん、そういう穴もあるかもなあ。

うーん、楽しかった。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | September 2004 »